HOME取扱製品カメラPbSe(中赤外)NIT

TACHYON 1024 microCORE
高速中赤外センサモジュール

NIT社より高速中赤外センサ TACHYON 1024のマイクロカメラモジュールが販売開始されました。

本モジュールはメカニカルシャッタを標準搭載し、さらにUSBバスパワーで駆動が可能となっています。最大フレームレートは1000Hz また、100℃から検知可能です。

また、お客様のご要望に応じてカスタマイズ可能です。


アプリケーション
  • ガス検知
  • マシンビジョン
  • レーザモニタリング

価格帯

品名 価格帯 納期
TACHYON 1024 microCORE カメラタイプ 要お問い合わせ 平均 8週間
TACHYON 1024 microCORE モジュールタイプ

仕様

FPA 仕様
素子 VPD PbSe
冷却 不要(室温で仕様の場合)
FPA 分解能 1024 (32×32)
ピクセルサイズ 130×130 microns2
ピクセルピッチ 135 microns
FPA 読み出し方法 Snapshot
Bad pixel density:
< 0.5%
FPA スペクトル特性
感度波長範囲 MWIR (1-5 microns, WLpeak @ 3.7 microns)
応答波長 1.0 - 5.0 microns
波長ピーク 3.7 microns
D* (WLpeak) (expected): 2x10E9 Jones
D* (-3dB): 1.6 / 4.5 microns
時定数 (us): < 2µs
microCORE モジュール特性
インターフェース Digital (USB 2.0)
インテグレーションタイム
ソフトウエアで選択可能 (100µs - 500µs)
フレームレート
1000 images per second (max) *1
データフォーマット
Raw data, 10bits
メカニカルシャッタ
温度センサ
FPA バイアス 選択可能 (1.00 - 2.00V)
サイズ 43×36×17mm
最小温度感度 100℃
電源 USB (5VDC, 500mA)
ソフトウェア NIT ソフトウェア (Acquisition + Visualization)
アクセサリ
アルミニウムハウジング
46×39×29mm
オプティカルインターフェース CS-mount
プログラム
SDK library for C

*1 slower speeds are possible using longer integration times

分光感度曲線

D*( ディ スター)
D* は1W の光入力があった時に検出素子の交流的なS/N がどれだけあるかを示した値です。
D* が大きいほど性能が良い検出素子となります。

画像をクリックしますと拡大表示します。

  • TACHYON 1024 microCORE
  • TACHYON 1024 microCORE
  • TACHYON 1024 microCORE
  • TACHYON 1024 microCORE
  • TACHYON 1024 microCORE

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連製品


製品一覧へ戻るNIT(New Infrared Technologies)社の製品一覧へ戻る