HOME取扱製品検査・測定機器・センサ計器・テスタLIQUID INSTRUMENTS

オプトサイエンス Moku:Lab ツイッター

iPad で操作する 新世代マルチ計測器 Moku:Lab トップページはこちら ⇒Moku:Lab トップへ

iPad アプリは日本語対応です。
↓ 画像をクリックしますと、各機能のページがご覧になれます。

オシロスコープ フェーズメータ スペクトラムアナライザ ロックインアンプ ファンクションジェネレータ ボード線図アナライザ 任意波形発生器 PID コントローラ デジタルフィルタ データロガー
オシロスコープ フェーズメータ スペクトラム
アナライザ
ロックインアンプ ファンクション
ジェネレータ
ボード線図
アナライザ
任意波形発生器 PID コントローラ デジタルフィルタ データロガー


Moku:フェーズメータ

Moku:フェーズメータは、1 kHz〜200 MHz の信号の位相と周波数、振幅を追跡し、
高度なスペクトル分析を行い、最大125 kHz でデータを保存できます。
100 ナノサイクル / √Hz 以上の感度で、ミリ度以下の位相変化を測定します。

Moku:フェーズメータ拡大


特長

最新の(無料!)アップデート(バージョン1.5.4)では、以下を含む多くの新機能がもたらされます:

  • 2000倍低い周波数で信号を追跡します。フェーズメータの最小周波数は、
    1kHz(以前は2MHz)まで下がっています。

  • より高速でのデータロギングオプション。
    フェーズメータは、30Hz から125kHz の6種類のレートでデータを記録できるようになりました。

  • リアルタイムスペクトル解析
    Moku:Lab アプリケーションは、時間領域のデータを表示するだけでなく、パワースペクトル密度、
    振幅スペクトル密度、アラン偏差などをリアルタイムで表示および保存することができます。

  • 新しいフリーホイールサポート。
    新しいフリーホイーリング機能は、信号が予期せず消えた際にループ状態を保持し、
    信号が復帰すると自動的に測定状態に戻ります。
    あなたの深宇宙でのレーザー通信ビームをエイリアンが横切るときに便利です。

  • フェーズロック出力。符号波出力の生成に加えて、Moku:フェーズメータは
    入力に位相ロックされた出力を生成できるようになりました。

  • 感度が向上しました。修正された内部フィルタリングは、より良い位相測定感度を提供します。

  • より柔軟なトラッキング帯域幅
    Moku:フェーズメータは、10 Hz(低 SNR 信号を追跡するのに最適)から10 kHz までの
    フェーズロックループトラッキング帯域幅をサポートしています(大きなダイナミクスを持つ信号に最適)。


Moku:フェーズメータ拡大


Moku:フェーズメータ拡大



FAQ よくある質問
FAQ よくある質問

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社 Moku:Lab トップへ戻る