HOME取扱製品検査・測定機器・センサ計器・テスタLIQUID INSTRUMENTS

オプトサイエンス Moku:Lab ツイッター

複数の計測器がコレ1台に! Moku:Lab トップページはこちら ⇒Moku:Lab トップへ
iPad アプリは日本語対応です。
↓ 画像をクリックしますと、各機能のページがご覧になれます。

オシロスコープ フェーズメータ スペクトラムアナライザ ロックインアンプ ファンクションジェネレータ ボード線図アナライザ 任意波形発生器 PID コントローラ デジタルフィルタ データロガー
オシロスコープ フェーズメータ スペクトラム
アナライザ
ロックインアンプ ファンクション
ジェネレータ
ボード線図
アナライザ
任意波形発生器 PID コントローラ デジタルフィルタ データロガー


Moku:データロガー

最大 100 kHz サンプリングで電圧データを SD カードに保存、
または最大 1MHz サンプリングで内部メモリに保存します。
期間は SD カードの容量によってのみ制限されます。
また、デバイスから以前のログファイルを取得し、
Dropbox または iCloud にアップロードしたり、
電子メールの添付ファイルとして送信することもできます。


Moku:データロガー拡大


記録期間について

Moku:データロガーはストレージによってのみ制限されます。Moku:Lab には 500 MB の内部ストレージがあり、任意のサイズの SD カードにもログすることができます。ただし、ほとんどの SD カードでは最大ファイルサイズが 4 GB に制限されている FAT32 ファイルシステムを使用しています。1つのチャネルを最低限の速度でバイナリファイルに記録すると、内部ストレージに約4カ月間、SD カードに最大 2.5 年間記録できます。

.li ファイルからのデータ読み取り

バイナリデータを .li ファイルから CSV(カンマ区切り値)形式のプレーンテキストデータ、または MATLAB .mat ファイルに変換するために LI ファイルコンバータを使用できます。https://www.liquidinstruments.com/utilities/ からダウンロードできます。



Moku:データロガーからCSVファイルをMATLABにインポートするには

データ自体が必要な場合は、MATLAB コマンドプロンプトで load yourfile.csv と入力します。
Moku:DataLlgger で生成された CSV ファイルには、データが記録された日時、
計測器の設定、データ内の各列の情報に関するテキストヘッダーも含まれています。
このメタデータも同様にインポートする場合は、moku = importdata( 'yourfile.csv')コマンドを使用します。



FAQ よくある質問
FAQ よくある質問

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るLIQUID INSTRUMENTS社のトップへ戻る