QIOPTIQレーザ および その他光源>CW赤外 OPO レーザシステム

iFLEX-Agile cw-OPOシステム

 

  • 拡大

特長

  • ハイパワー CW 光で広いチューニングレンジを実現
  • 1台の OPO モジュールで波長 1.48-2.0µm と 2.3-3.8µm をすばやくチューニング。オプティクス交換の必要なし。
  • 出力 >1W
  • ポンプ光を変更して出力レベルや線幅のカスタマイズに対応

新発売の iFLEX-Agile シリーズは、高出力の連続発振 OPO で非常に広範囲の波長チューニングが可能です。

この小型 OPO システムは近赤外から中赤外域での波長の微調整ができ、高強度で高品質なビームであるため、質量分析法、材料検査、分光、計測など様々な用途に最適な光源です。
波長チューニングは USB インタフェイス経由でPCから制御できますので、iFLEX-Agile は、オプティクスやモジュールの交換なしで、波長 1.48~2.0µm と 2.3~3.8µm の間で素早く精度の高いチューニングが行え、出力は 1W 以上が保証されます。
iFLEX-Agile の線幅は構成によって 500GHz から 1MHz 以下まで可能です。

モジュラ構造の採用により、お客様の経済的なご要望にあわせて、波長チューニングレンジ、線幅、出力レベルを変更することが可能になりました。ガス分析、材料検査、化学反応、赤外ディテクタの校正等の応用に便利です。iFLEX-Agile はさらに波長レンジの拡張(例:740-950nm の追加)、2300-3800nm での狭帯域化、高出力化、波長設定分解能のアップ、モードホップフリーチューニングレンジ設定のカスタマイズに対応します。

 

波長チューングレンジ (線幅) [nm] 1480-2000 (< 1 MHz), 2300-3800 (約 300-500 GHz) 
出力 [W] > 1.0 (出力は波長による。OHの吸収帯である2.8um近辺を除く)
波長設定分解能 [GHz] < 300 
ビーム品質 [M2} < 1.3 
冷却 空冷
寸法 テーブルトップOPOモジュール:45×15×20cm3 (L×W×H)
励起レーザ:19 インチラックマウント 3U
波長設定 USB インタフェイス経由
  • 波長レンジの拡張(例:740~950nm)
  • 2300~3800nm の狭線幅化
  • 高出力化
  • 波長設定分解能の改
  • >10GHz のモードホップフリーチューニング

出力 vs. 波長(一般値)

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るQIOPTIQ社のレーザ および その他光源 製品一覧へ戻る