HOME取扱製品検査・測定機器・センサ光ファイバ測定機器・光源INTERFIBER ANALYSIS

FMA-100
光ファイバモードアナライザ

光ファイバモードアナライザ FMA-100拡大

光ファイバ内のモード伝搬遅延を測定することで、シングル / マルチモードファイバの各伝搬モードをそれぞれ分離、視覚化、定量化することができます。

これまで、マルチモードファイバ中の伝搬モードは、M2測定、ファーフィールド、ニアフィールド測定を行いその結果から伝搬モードを確認していました。

この度、米国インターファイバアナリシス社からリリースされました光ファイバモードアナライザ FMA-100は、光ファイバ内のモード伝搬遅延を直接測定し、シングル / マルチモード伝搬の各モードを分離、視覚化、定量化することが可能です。

測定結果として得られたデータにカーソルを置くことで、それぞれの伝搬モード情報を表示させることができます。

Intermodal delay

  • 対応ファイバ径:60 ~ 800 µm
  • 測定バンド幅:1,010 ~ 1,070 nm(他波長応相談)
  • 測定時間:< 60 sec
  • MPI Noise:~ 30 dB
  • 遅延測定レンジ:0 ~ 90 ps
  • 遅延測定分解能:~ 0.5 ps
  • few mode fiberの伝搬モード検査
  • モード分割多重通信の検査
  • ファイバレーザ用コンポーネントの検査(LMAなど)
  • フューズドコンポーネントの検査

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るINTERFIBER ANALYSIS社の製品一覧へ戻る