HOME取扱製品エレクトリカルコンポーネントAO素子Gooch & HousegoAO素子

ファイバカップル AOモジュレータ
(FCAOM)

ファイバカップル AOモジュレータ(FCAOM)

ファイバカップル AO モジュレータ(FCAOM)を使えば、ファイバレーザの強度変調が
シンプルで堅牢なシステムになり、タイミング・強度・レーザの波形を直接制御できます。
G&H 社の Fiber-Q は、高い消光比・低損失・高安定な性能を PM 及び non-PM ファイバで実現し、
可視・近赤外の波長で最大 80MHz の変調レートまで可能です。
Fiber-Q シリーズのコンパクトで密閉されたハウジング設計は、医療向けレーザシステムを含む
すべての OEM システムに最適です。

それぞれの Fiber-Q には、AO 結晶内に音響波を作り出すための RF シグナルを発生する
RF ドライバが必要です。
Fiber-Q を通過するビームの変調は、RF シグナルの周波数と強度によって左右されます。


アンケートフォーム

アプリケーションノート
タイプ 型番 波長 ファイバ
タイプ
立ち上がり/
立ち下がり
時間
動作
周波数
データ
シート
VIS S-M200-0.4C2A-3-F2P,
S-M200-0.4C2A-3-F2S
450 nm PM,SM 25 ns 200 MHz PDF
S-M200-0.4C2C-3-F2P,
S-M200-0.4C2C-3-F2S
532 nm PDF
S-M200-0.4C2E-3-F2P,
S-M200-0.4C2E-3-F2S
633 nm PDF
IR T-M150-0.5C2W-3-F2P,
T-M150-0.5C2W-3-F2S
780 nm PM,SM 50 ns 150 MHz PDF
T-M200-0.1C2G-3-F2P 1030-1090 nm PM 10 ns 200 MHz PDF
T-M300-0.1C2G-3-F2P,
T-M300-0.1C2G-3-F2S
1060 nm PM,SM 6 ns 300 MHz PDF
T-M200-0.1C2G-3-F2S SM 10 ns 200 MHz PDF
T-M150-0.4C2G-3-F2S 30 ns 150 MHz PDF
S-M150-0.4C2G-3-F2S 30 ns 150 MHz PDF
T-M150-0.4C2G-3-F2P PM 30 ns 150 MHz PDF
T-M200-0.1C2J-3-F2S 1550 nm SM 10 ns 200 MHz PDF
T-M110-0.2C2J-3-F2S 25 ns 110 MHz PDF
T-M080-0.4C2J-3-F2S 35 ns 80 MHz PDF
T-M040-0.5C8J-3-F2P,
T-M040-0.5C8J-3-F2S
100 ns 40 MHz PDF
T-M300-0.1C16J-3-F2P PM 6 ns 300 MHz PDF
T-M200-0.1C2J-3-F2P 10 ns 200 MHz PDF
T-M110-0.2C2J-3-F2P 25 ns 110 MHz PDF
T-M080-0.4C2J-3-F2P 35 ns 80 MHz PDF
T-M040-0.5C8J-3-F2P 100 ns 40 MHz PDF
T-M080-0.5C8J-3-F2P 100 ns 80 MHz PDF
T-M080-0.5C8J-3-F2S 100 ns 80 MHz PDF
T-M080-0.3C2Z-3-F2S 2000 nm SM 100 ns 80 MHz
T-M250-0.3C16Z-3-F2P PM 20 ns 250 MHz PDF
T-M080-0.3C2Z-3-F2P 100 ns 80 MHz PDF

ファイバカップル AO モジュレータ(FCAOM)は、ファイバ内部の光の変調のため、ファイバを破断せず AO 変調器を挿入するという意図で、G&H 社で当初は開発しました。従来はファイバレーザの変調は master oscillator power amplifier (MOPA) で行われていました。
MOPA ではパルス波形が制約され、さらに別の半導体シードレーザシステムが必要でした。ファイバ付きの AO モジュレータを直接組み込む方がシンプルなアプローチであり、パワーハンドリング・信頼性・低損失という面で利点があります。

ファイバカップル AO モジュレータ(FCAOM)はファイバレーザの出力の一時的な特性を直接コントロールできるので、パルス波形の選択が広がります。音響光学効果の副産物として、ファイバカップル AO モジュレータの1次回折モードを通過する光には周波数シフトとビーム偏向が起こります。このため Fiber-Q は強度変調器としてだけでなく、ヘテロダイン干渉計のようにレーザ以外の用途に使えます。最近ラインナップに追加された可視 Fiber-Q は、顕微鏡やフローサイトメトリなどのバイオメディカル用途のオールファイバ機器をより小型化することを可能にすることでしょう。

低挿入損失・高消光比・低反射ロスに設計されたファイバカップル AO モジュレータをG & H社は提供しています。Fiber-Q シリーズの一般的な光学性能は、

  • 挿入損失:2dB まで(モデルによる)
  • 消光比:50dB
  • 反射ロス 40dB
  • 偏光消光比:20dB(PM モデル)

信頼性の高いファイバ変調器をつくるため G&H 社は光通信部品の設計で培った技術と経験を投入し、高出力レーザのハンドリングと精確なファイバアライメントのため生産工程と設計を見直しました。G&H 社はニ酸化テルル(TeO2) 結晶を自社で成長させ、研磨し、低光散乱と厳しい品質基準を達成するためのすべての生産工程を実行しています。このことが製品の継続した高信頼性・耐ハイパワー性・高性能を確かなものとしています。

G&H 社はファイバカップル AO モジュレータの開発でマーケットをリードし続け、バイオメディカルやセンシング向けの要求に合致する可視波長域 450~780nm のデバイスを提示します。新製品の高速スイッチング Fiber-Q デバイスは、赤外域でファイバレーザの効果的なパルスピックを可能にします。ほとんどのデバイスは3ファイバポートの構成でもご提案できます。
量産の OEM 用途の場合は特注の設計も承ります。


ファイバカップル AO モジュレータの用途
  • バイオメディカル
  • 産業用レーザ・センシング
  • 研究開発
  • 光通信

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るGooch & Housego社のAO素子 製品一覧へ戻る