HOME取扱製品ファイバコンポーネントカプラ・コンバイナ・FBGEvanescent Optics

エバネッセント社のホームページへ

 

ファイバカプラ(エバネッセント方式)

ファイバカプラ(エバネッセント方式)ファイバを融着するのではなく、クラッド部分を研磨して取り除いた2本のファイバをオプティカルコンタクトで張り合わせてつくったファイバカプラです。

ファイバコアからファイバコアへの光の伝達は、エバネッセント波の相互作用によって行われます。

このエバネッセントファイバカプラは、光を導くファイバコアが歪んだりテーパーがかかったりしないため、融着型のファイバカプラに比べて優れた性能を持ちます。デバイスは低損失かつ低減衰です。またファイバの相互作用部分が短い(1-2mm)ため、ハウジングを小さくすることができました。

波長は、488nm~2040nmからお選びいただけます。

  • 低ロス、低反射減衰
  • 高アイソレーション
  • 温度に対して分割比のばらつきが少ない
  • 小型パッケージ
  • 波長は、488nm~2040nmからお選びいただけます。
  • 光通信
  • センサ
  • 干渉計
  • 光学実験
  • 分割比:99/1 ~ 1/99の間でご指定いただけます。標準の分割比と公差は下記の通りです。
分割比 標準の交差 特注仕様
50/50 ± 3% ± 2%
80/20 ± 2% ± 1%
90/10 ± 1.5% ± 1%
99/1 ± 0.25%  

*室温環境下、slow軸での値

  • 波長:633 nm ~ 2040 nm
  • 動作温度:+15 ~ +55 ℃
  • 過剰損失:
    <0.1 dB(波長980 nm以上のとき)、<0.15 dB(波長700~980nmのとき)、<0.2 dB(509~700nm)
  • 反射減衰:-70dB(TYPICAL)
  • 入力レーザ:
    連続発振(CW)レーザをお使いください。ピコ秒・フェムト秒パルスレーザなど、非常に高いピークパワーのレーザでは、非線形的変化がファイバに発生して、損失が増加することが確認されています。
  • パッケージ&スリーブ:
    • ファイバにスリーブなし(カプラにパッケージなし) dim.0.59" x 0.1" x 0.1"
    • ピグテイルに 900 µmのHYTRELスリーブ付き(カプラは収縮チューブ内に)
      dim. 0.8" × 0.14" × 0.14"
    • ピグテイルに3 mmのスリーブ付き(カプラは2.5” × 2.5” のアルミニウムハウジングに)
  • ピグテイル:標準長さ 1 m
  • コネクタ: FC/SPC、FC/APC、LC/APC、SC/APC、SC/PC

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るEvanescent Optics社の製品一覧へ戻る