HOME取扱製品ファイバコンポーネントカプラ・コンバイナ・FBGEvanescent Optics

可変PMファイバカプラ

可変PMファイバカプラ分割比可変ファイバカプラは、オプティカルコンタクトで張り合わせた2本のファイバに横移動の機構をつけてコアとコアの距離を調整できるようにしたカプラです。

PM(偏波保持)ファイバの場合、fast軸とslow軸の方向は保存されますので分割比を調整しても偏光は維持されます。長期間での分割比の変動は1%以下です(実験室の環境で)。

非偏光(シングルモードファイバ)タイプ、リモート駆動タイプもございます。

波長は、760nm~2040nmからお選びいただけます。

分割比0-100%の調整は、マイクロメータとてこの原理によるファイバの横移動によって達成されます。
25.1のてこ比によって、マイクロメータの0.001目盛ごとに約1µmの移動となります。

※ただし移動には、ヒステリシス・バックラッシュ関係します。また電気式モデル905-Eでは、駆動電圧が特定の分割比に対応するということはありません。正確な分割比の設定は、ファイバからの出力をモニタして行ってください。

波長は、760nm~2040nmからお選びいただけます。

  • 光学実験
  • ファイバセンサ
  • 偏光分離比:<-22 dB 保証(一般値 -24 dB)
  • 分割比:0 ~ 100 %
  • 波長:760 nm ~ 2040 nm
  • 過剰損失:
    <0.1 dB(波長980 nm以上のとき)、<0.15 dB(波長700~980nmのとき)、<0.2 dB(509~700nm)
  • ピグテイル:標準長さ 1 m、900um HYTREL または 3 mmスリーブ
  • コネクタ: FC/SPC、FC/APC、LC/APC、SC/APC、SC/PC
  • カプラバンド幅:1448nm and 1300nm1537nm and 1300nm1537nm and 1448nm

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るEvanescent Optics社の製品一覧へ戻る