HOME取扱製品検査・測定機器・センサレーザ応用測定機器DANTEC DYNAMICS A/S

Q-480 ハンドヘルド型デジタル3Dイメージ
コリレーションシステム

変形/ひずみ解析システム

DIC:Digital Image Correlation

大型構造物の変形とひずみをもっと簡単に狙って測定!

Q-480 ハンドヘルド DIC
Q-480 ハンドヘルド DIC*
* DIC:Digital Image Correlation

全く新しいアプローチのDIC

Q-480 3Dデジタル画像相関システムは、巨大な工業部品や構造上の変形とひずみを三次元的に全視野で測定する非接触型のハンドヘルド型の光学測定システムです。

測定ヘッドが完全にポータブルなので、巨大な測定対象に対して多数のポジションで変形、ひずみ測定を必要とするような場合には、本システムが威力を発揮します。大きな測定対象に対してすぐ使用できるのがQ-480です。

フィールドでの使用例(ランディングギア)
フィールドでの使用例(ランディングギア)

Q-480は、“箱から出してキャリブレーションや煩わしいセットアップなしですぐに使用できる”のコンセプトの下で設計されました。

測定対象に負荷をかける前にほぼ無制限のリファランス画像を撮像できるので大規模な構造を持つ測定対象のほぼ全面をカバーすることができます。

さらに測定対象に負荷をかけた際の画像イメージ(第2イメージ)を取得時には、独自のソフトウェアとハードウェアが、再配置箇所を補正。ひずみ個所を瞬時に確認することができます。

幅広いアプリケーション

  • 1回の負荷サイクルで複数の測定エリアを測定
  • 巨大構造物も測定可能
  • 光学セットアップが困難なエリアでの測定
  • ひずみのホットスポット探査
  • 有限要素解析(FEA)の検証
  • 風力発電、航空宇宙、土木、海洋産業など

Q-480 測定イメージ
Q-480 測定イメージ

カメラなどセンサ、光学系を測定ヘッドに完全固定したQ-480は、これまでのDICとは異なり光学的なセットアップやキャリブレーションは必要ありません。

ハンドヘルド型の測定ヘッドには、2つのCCDカメラ、HILIS照明、アライメント用のレーザポインタとコントトロールボタンが搭載されています。

オプションにある“リモートタッチスクリーン”は、限られたテスト環境下での使用を格段に向上させます。制御系やPCは、可搬型のハードケースに収められており、屋外での使用に耐えられます。

Q-480は、DICの標準ソフトウェア“Istra4D”を使用して測定を行います。

リファランスイメージ測定後の再測定場所の設置は、リファランスイメージ撮像個所と負荷時のイメージの撮像個所の差を補正し最小にできるようにガイドしてくれます。一度その個所が見つかれば、変形やひずみの結果が自動的にライブイメージ上に重ねられて表示され、イメージを保存しながら次の箇所の観察に移れます。

製品に関するお問い合わせフォーム

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


製品一覧へ戻るDANTEC DYNAMICS社の製品一覧へ戻る